スケジュール
未定


こわれ者の祭典とは?
「病気」の体験発表&パフォーマンスイベント。名誉会長に作家の雨宮処凛さん、不名誉顧問医師に香山リカさんが就任している。「病気でどう苦しみ、そこからどう回復したか」をユーモアを交えたトークと、その病気に関するパフォーマンスで盛り上げる。現在まで、アルコール依存症、ノイローゼ、うつ、幻聴幻覚、過食症、引きこもり、脳性まひ、リストカット、自殺未遂、パニック障害、性同一性障害、などの体験者が出演した。

新潟お笑い集団NAMARA代表・江口歩が主旨に賛同、全面協力を行っている。平成14年5月に第1回「こわれ者の祭典」が新潟市総合福祉会館にて行われた。超満員170人を動員、会場を感動と笑いの渦に巻き込んだ。その後、「日本精神障害者リハビリテーション学会関連イベント」「精神障害者リハビリ施設 夕映えの里」「新潟看護大学」「曹洞宗東龍寺」など3年間に30回以上の公演を行う。新潟県内で、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、新潟日報、NHK、BSN新潟放送、などで取り上げられて評判をよぶ。

平成16年、日本テレビ「Dの嵐!」フジテレビ「スーパーニュース」、毎日新聞全国版で取り上げられて全国進出。平成17年、名誉会長に作家の雨宮処凛さんを迎えて、新宿ロフトプラスワンでの公演にて、超満員180名を動員する。その後もNHK「福祉ネットワーク」で特集を組まれ、全国で公演中。


はじめに
以前、病気の自分が嫌だった。 精神科に通院したり、入院したりする自分が、ものすごく嫌だった。 世の中で一番、嫌なのは自分で、だから自殺未遂をした。 27歳の時が最後の入院で、それから10年が過ぎた。

今は、病気の自分もそんなに悪いもんじゃないな、と思っている。 病気から癒されることは、病気そのものが無くなってしまうことではなく、 病気を自分の個性として受け入れ、そのままの自分で生きていこうと決意することだ、 と気付いたからだ。

「こわれ者の祭典」に、病気自慢のつわもの達が集結する。 きっと、血沸き肉踊るような、自己肯定の分かち合いの場になるだろう。 今、生きることに苦しんでいる人に、ぜひ来てもらいたい。

月乃 光司


出演者
月乃 光司 ( アルコール依存症 / 引きこもり自慢 )
富山県出身。こわれ者の祭典代表、ダメ会社員として奮闘中。高校入学時から対人恐怖症・醜形恐怖症により不登校になる。引きこもり生活、通算4年間を過ごす。24歳よりアルコール依存症になる。リストカット、処方薬乱用、自殺未遂、アルコール依存症により精神科病棟に3回入院。自助グループで回復。27歳から酒を飲まない生活を続ける。2009年「詩のボクシング」東京大会優勝。2010年新潟弁護士会人権賞。2011年第5回安吾賞新潟市特別賞。2012年新潟日報文化賞社会活動賞。内閣府「アルコール健康障害対策関係者会議」委員。『おさけについてのマジメな話』(小学館・西原理恵子共著)他著作多数。新潟市西区在住。

Kacco ( 摂食障害 / 引きこもり自慢 )
新潟県出身・新潟県在住。癒し系表現者。こわれ者の祭典副代表。サラリーマン時代に躁鬱病・摂食障害・パニック障害と診断され精神科病棟に2度の長期入院をする。その後、通院しながらも様々な生きづらさを感じ深夜になるとリストカットをする日々。引きこもりの5年間。こんな真っ暗闇の日々に光を見出したのはイラストを描くことだった。その後、大手出版社のイラストも手掛けるようになる。また「作業療法士会全国大会POTA」での講演をはじめ「Kacco癒しの講演会」が全国的に求められている。各種講演会講師。イベント司会。似顔絵師。「K-BOX」代表・プロデューサー。「ひきこもりサポートネットにいがた」会員。新潟県三条市在住。

木林 おず ( ノイローゼ自慢 )
第一期こわれ者メンバー、有害ギタリスト。現在出演はごくまれで、影で不気味にメンバーを見守っている。「弱者」をテーマにネット上で病的ボカロ音楽&陰鬱漫画描きをしている。10代で強迫神経症を経験、現在一応社会人。結婚してるが妻も病んでいる。